肌のバリア機能とは?

肌の表面には外からの刺激や異物から守る働きがあります。
バリア機能は表皮細胞のいちばん上にある角質層で、わずか0.02ミリの薄い膜。
この薄い膜には約20層もの細胞が積み重なっていて、その隙間を角質細胞間脂質と言われるセラミドがラメラ構造(隙間なく整った状態で)で並んでいます。
この特殊なラメラ構造のおかげで外からの刺激や異物の侵入を防ぐことができるんですね。
この働きを肌のバリア機能といいます。

 

肌はケラチン、天然保湿因子、細胞間脂質、皮脂などによって守られています。

 

またバリア機能には外部からの刺激を防ぐという以外にも肌の内部に水分を蓄えておくという重要な働きがあります。
健康な角層は約30%の水分がありますが、これは肌が自ら作り出すセラミドなどの角質細胞間脂質によって蓄えられています。
このセラミドによって肌の潤いが蓄えられ健康な肌がキープできるんですね。

 

それがなんらかの原因でセラミドを作る働きが弱まってくると角層の水分が蒸発してバリア機能が弱まり、肌内部の水分まで失われてしまうことになります。
バリア機能が弱まると肌は乾燥して外部刺激を受けやすくなり肌荒れを起こしやすくなります。

 

バリア機能が弱まる原因はいろいろありますが、多くは乾燥、紫外線や摩擦、皮脂の落とし過ぎ(洗いすぎ)など外部からの刺激を受けることです。
いちどダメージを受けたバリア機能が回復するまでにはある程度の時間もかかるため日頃から正常なバリア機能を保つよう心がけることがとても重要なんですね。

 

正常なバリア機能を保つためには毎日のお手入れでしっかり保湿する、紫外線ケアをする、皮脂を落としすぎないなどが大切です。

関連ページ

肌のターンオーバーとは?
肌のターンオーバーについて説明します。
肌のくすみの原因と改善法
のくすみの原因と改善法についてご説明します。
肌の小じわの原因と改善法
肌の小じわの原因と改善法についてご説明します。
肌のハリ、弾力アップに効果的な食べ物は?
お肌のハリ、弾力アップに効果的な食べ物、食生活について説明します。
しわ、たるみに有効な成分とは?
肌のたるみ、しわに有効な美容成分について説明します。
保湿成分の種類と性質
スキンケアの基本とも言われる保湿。その保湿成分の種類と性質について説明します!