日焼け止めの選び方は?

日焼け止めはできれば生活シーンにあったものを選ぶようにするのがおすすめです。
たとえば日常生活、屋外でのスポーツやレジャー、リゾートや炎天下でのスポーツやレジャーなどです。

 

日焼け止めを選ぶ際のSPF値やPA値は紫外線を防ぐ効果を表す値ですが、実際にはつける量や汗などによってもその効果は変わってきます。
数値が高ければ安心とは思わずにこまめに塗り直すことが大切です。

 

また塗るときもムラにならないようになるべく多めの量を使って塗ります。
さらにシミができやすい部分には重ね塗りをするようにします。

 

数値が高いものだと肌への負担が心配という声も多いのですが、最近ではずいぶん肌にやさしい日焼け止めが多く出ています。

 

また日焼け止めには紫外線防止剤として紫外線散乱剤と紫外線吸収剤のどちらかが含まれています。
紫外線散乱剤は紫外線を反射させる物質で、紫外線吸収剤は紫外線を吸収する物質です。
紫外線吸収剤は肌への刺激が強いため、敏感肌の人は「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」などと記載されたものを選ぶのがおすすめです。

日焼け止め選びのポイント

SPF値・PA値 生活シーンによって選ぶ。アウトドア、リゾートでは両方の数値が高いものがおすすめ。
紫外線防止剤 紫外線吸収剤、紫外線散乱剤がある。敏感肌は「紫外線吸収剤フリー」、「ノンケミカル」がおすすめ。
テクスチャー ローション、クリーム、ジェル、乳液タイプなど。吸収剤フリーはクリームや乳液タイプに多い。

関連ページ

紫外線の種類について
紫外線の種類について説明します!
日焼け止めのSPF値とPA値とは
日焼け止めのSPF値とPA値とはどんな値なのか説明します。
紫外線から肌を守るには?
紫外線から肌を守るための対策についてご紹介します。