紫外線の種類と性質について

肌のハリ、弾力の低下は加齢によるコラーゲンやエラスチンなどの減少のほかに紫外線も大きく影響しています。
紫外線のダメージは毎日少しずつ蓄積されて光老化の原因になります。
いつまでもハリのある肌をキープするには日々のお手入れと同様に徹底した紫外線ケアがとても重要です。

紫外線にはどんな種類があるの?

太陽の光はその波長によって分けられます。
紫外線は波長によってA波、B波、C波の3種類があり、C波はオゾン層でカットされるため地表にまで届くことはありません。

 

私たちが注意すべき紫外線はA波とB波です。
紫外線のピークは3〜9月といわれていますが、強弱はあれ1年中降り注いでいるため1年を通してしっかり紫外線ケアをすることが大切です。

紫外線A波、B波の性質

それではこの2種類の紫外線にはどんな性質があるのでしょうか。

 

●紫外線A波(UV-A)・・・波長の長い紫外線で真皮にまで届くためコラーゲンやエラスチンにダメージを与えることがあるためたるみやシワなどの光老化の原因になる。
窓ガラスも通すので室内でも油断は禁物。

 

●紫外線B波(UV-B)・・・波長の短い紫外線でほとんどが表皮までしか届かないが、赤くヒリヒリしたり水膨れになったりとやけどのような炎症を起こすことも。シミやソバカスの原因になる。

 

どちらの紫外線も肌に大きなダメージを与えてシワやシミなどの原因になりますが、特にA波は生活の中で浴びることの多い紫外線で、日々蓄積されることでダメージを受けるので注意が必要です。

 

洗濯物を干すとき、ゴミ出しの時などちょっとした短い時間でもしっかりとUVケアをすることが重要です。

 

関連ページ

日焼け止めのSPF値とPA値とは
日焼け止めのSPF値とPA値とはどんな値なのか説明します。
紫外線から肌を守るには?
紫外線から肌を守るための対策についてご紹介します。
日焼け止めの選び方
日焼け止めはどうやって選んだらいいの?日焼け止めの選び方について書いてみました。