日焼け止めのSPF値とPA値ってなに?

紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)があります。

 

そのUV-B波を防ぐ効果を表すのがSPF値、そしてUV-A波を防ぐ効果を表すのがPA値です。

 

SPF Sun Protection Factorの略 UV-Bを防ぐ 最高値は50+
PA Protection Grade of UV-Aの略 UV-Bを防ぐ 最高値++++

 

日焼け止めを選ぶとき、どうしてもSPF値を基準に選びがちですが、日常生活で浴びる紫外線A波はしわやたるみなど光老化の原因になるのでより注意が必要です。
必ず両方の値をチェックするようにしましょう。

 

たとえば炎症などの急激なダメージを起こしやすいUV-B(SPF値)は海や山などのリゾート地に行く際に、真皮に到達してしわやたるみなどの光老化を起こす可能性のが高いUV-A(PA値)は日常生活用にといった感じですね。

 

特にしわやたるみの原因になるUV-Aは知らず知らずのうちに少しずつ蓄積していきます。
日常生活の中でちょっとした時間でも無防備のまま紫外線に当たることの内容に注意することが大切です。

関連ページ

紫外線の種類について
紫外線の種類について説明します!
紫外線から肌を守るには?
紫外線から肌を守るための対策についてご紹介します。
日焼け止めの選び方
日焼け止めはどうやって選んだらいいの?日焼け止めの選び方について書いてみました。